• トップページ
  • お知らせ
  • きらくの日記
  • 店舗一覧
  • 採用情報
  • 会社概要

先輩たちの声 採用情報

総務・経理部

総務・経理として会社の手助けをする

“飲食店での仕事”と聞いて、まず連想するのは「調理・接客」だと思います。
もちろん店舗での調理・接客業務も行いますが、社員の仕事としてはそれだけに終わりません。
むしろ、それ以外の仕事の方が「大変だ」と感じられるかもしれません。
そんな「調理・接客」以外の仕事の手助けと、会社としての総務・経理が自分の仕事のメインです。
ですので、今の仕事をやり始めた時は「これも飲食店での仕事なのか…」と、具体的にイメージできなかった部分の戸惑いがありました。

今となっては、両方の仕事に携わることができてラッキーとさえ感じていますが(笑)

2003年入社 田中 康弘 和歌山大学 卒業 経営管理部総務課長
“飲食店での仕事”ですが「調理・接客」以外の仕事をしています!
2009年入社 辻野 友也 近畿大学 卒業 経営管理部経理課長
先輩、上司が本当に良い人が多い!!

自分のことを思ってくれる上司がいます

「先輩、上司が本当に良い人が多い!!」それがこのきらくという会社の良いところではないでしょうか?社会人となって仕事をするということは業種・業態に限らず決して楽なことではありません。
その中でくじけそうになったり、途中で挫折しそうになったりすることはよくあることです。
しかしそのような時に心から相談できる人はいるでしょうか?

また逆に、自分のために相談にのってあげようと心から思ってくれる上司はいるでしょうか?きらくにはそのような上司がたくさんいます。

今私は入社4年目になりますがくじけそうになった時は多々ありました。その度に先輩・上司が相談に乗ってくださったおかげで人間的に大きく成長し、今の自分があるのだと思っています。

お客様に感謝される喜びを体験してもらいたい

現在はお客様に感謝される喜びや、目標を定めその目標を全員で達成するやりがいなどをスタッフ全員に体験してもらえる環境作りをすることが私の使命と思い日々頑張っているところです。

事務スタッフ

新店立ち上げで仕事の本質を学びました

自分はきらくに入社して3年がたちました。入社して最初の仕事が新店でのホールスタッフの教育というものでした。何もわからない中で人に教えるということはなかなか大変でした。でもスタッフ、上司の方々に支えられて無事仕事を終えることができました。

そういった中で新店立ち上げのお手伝いをさせていただく機会をいただきました。何もないところから新しく作り上げるという行為は、多くのエネルギーと試行錯誤を必要とします。それは肉体的には大変きついと感じるものかもしれません。

ですが、新たに作り上げそれが形になっていく瞬間を見ることができる、その喜びは計り知れないものです。このオープニング立ち上げの仕事は自分に仕事というものの本質を学ぶいい機会となりました。

日々新たな業務にチャレンジする毎日

 現在自分は本社勤務となり、事務を通して現場の店舗のお手伝いをさせていただいています。日々新たな業務にチャレンジする毎日です。きらくは26年目を迎え、店舗も50店舗を超えました。

売り上げも40億に届くという現在、新たなチャレンジのための多くのチェンジが行われています。多くのチャンスがある状況を生かして、自分は日々邁進していきます。

2009年入社 山田 周司 大阪大学 卒業
新たなチャレンジ多くのチャンスがあります

店舗スタッフ

2003年入社 松岡 賢太 皇学館大学 卒業
私の職場こそ人生の道場なり

自社で出会った言葉

おはようございます。とんかつかつ喜喜志店に勤務しております松岡賢太です。どうぞ宜しくお願い致します。
時が経つのはとても早く今年で10年が経ちました。
10年もの間で、自分の周りで何かあった時、常に頭に思い浮かぶ言葉があります。

『私の職場こそ人生道場なり、困難は自己向上の教科書と学び努力致します』と自社の行動指針の1つです。
この10年で、大なり小なり、あらゆることに直面しても、逃げ出さずに、立ち向かう気持ちを維持することが出来たのは、上司や先輩社員、同僚、店舗従業員などの支えももちろんですが、自社でこの言葉に出合ったからだと思います。

これからも、それを自身の行動や言動に置き換え、成長していけるよう、そして、自分に関わる人間関係の中で生かしていけるように、努力し続けて参ります。

お客様の笑顔のために日々仕事に挑んでいます

私は(株)きらくのとんかつかつ喜に入社し社会人としての第一歩を踏み出しました。
変わり行く周りの人間、それに並行して変わっていく生活環境、いろいろな人との関わり。
私は仕事柄、お客様と接することが多いです。
その中で私は今まで気づかなかった新しい自分を見つけることが出来ました。

それは本を読むことによって見つけたものでもないし、教わった心得を通して見つけたものでもありません。
それを見つけるきっかけになったのはお客様の笑顔です。
つまりお客様を満足させた瞬間を求める為に、日々試行錯誤しながら仕事に挑んでいます。

こう思えたのもすべてはお客様から始まっています。この思いは学生時代に思えたことではなく、社会人になってからこそ思えたことです。

満足を売れる社員になりたい

働くって何だろうお金をもらうため?ただの時間潰し?
違うと思います。
学生の時には感じられなかったやりがいを感じられる自分に出会うためだと思います。実は感動を与えられていたのは自分自身なのかもしれません。
私を変えたきっかけ、そのきっかけを与えてくれたすべての人々に感謝し、今度は私が恩返しをしていこうと思います。そして私は満足を売れる社員になりたいと思います。
私は見つけました。今までと違う新しい自分を。

2009年入社 中林 良紀 西浦高校 卒業
お客様の笑顔のために
2013年入社 関口 彩 八洲学園高等学校 卒業
毎日楽しく働いています

新しい事の発見が多くやりがいを感じます

かつ喜大阪狭山店に配属され5年目を迎える関口彩です。高校卒業後すぐ入社し、社会人になり不安が多かったのですが、この会社の上司の方々は優しく楽しい方ばかりで、緊張もすぐ無くなり配属店舗でも毎日楽しく働いています。

日々の業務も新しい事の発見が多く、自分の取り組みが数値やお客様からの声として表れるところにやりがいを感じます。又、沢山の「こうしたい」「こうなりたい」も出てきます。

私の夢は女店長です

私の今の目標は、いつか女店長になりお客様の笑顔と「ありがとう」「美味しかった」が絶えないお店を創る事です。
高卒の女子が店長なんて…と思われるかも知れませんが、こんな私の夢も応援してくださる方が沢山いるこの会社が私は大好きです。

慣れ始めてきた頃が試練です

私が1年程きらくで働いて感じたことをメッセージとして書かせて頂きます。働き始めたばかりのころは、新しい環境、知らないことばかりで新鮮味があり、仕事に何の苦も感じませんでした。

しかし、時間が経ち仕事に慣れ始めてきた頃がいわゆる一つの試練だと思います。より多くの仕事を任せられるようになり、毎日の繰り返しが辛く感じる時期もありました。

そういった辛い時、私は遠慮なく周囲の方々を頼るのが一番だと思います。

人と人との和を大切にする会社です

店長をはじめ、パートさんやアルバイト、今までにたくさん助けてもらいました。なんでも一人でやろうとせず、「みんなといっしょに進んでいこう」という考えが大事だと思います。

きらくという会社はそんな人と人との和を大切にする会社です。それを私はこの1年程で身に染みて感じました。これから入社してくる皆様、あまり身構えず文字通り「きらく」に頑張ってください!

2012年入社 金銅 直毅 近畿大学 卒業
2012年入社 金銅 直毅 近畿大学 卒業
採用情報メニュー
  • 役員からのメッセージ
  • きらくってこんな会社
  • キャリアパス
  • 先輩たちの声
  • 職種紹介
  • 募集要項
  • 求人エントリー